どろあわわについて、健康コーポレーションのメディアマーケティング部の原さん、通販事業部の藤牧さんにインタビューしてきました!

どろあわわ

(写真左:原さん、右:藤牧さん)

どろあわわの特徴

どろあわわの特徴について教えて下さい。
とにかく弾力の泡というところが一番の特徴です。
その気持ちの良いモコモコとした泡で洗い上げることによって、とにかくお肌の汚れがスッキリときれいになります。
プラス必要のないものは、全部流してくれるんですけれど、必要な潤いはきちんとキープするところが、どろあわわの魅力です。

どろあわわが合う肌質

どろあわわは、どんな肌質でも大丈夫ですか?
基本的にはどんな肌質にも対応いただけるようなものになっています。
例外として、皮膚科に行かなければいけないようなお肌になってしまっている人は、ちょっと避けて頂きたいです。
お肌に合うか心配な場合は、商品成分表示を元に医師に確認いただきご相談いただく、
もしくはパッチテストをしていただくことをお勧めいたします。
異常を感じた際はすみやかにご使用を控えていただき、専門医にご相談ください。
乾燥肌にも大丈夫ですか?
はい。問題ないです。
豆乳発酵液という豆乳を発酵した成分が入っているので、すごくやわらかく保湿のできるものになっています。
洗顔後のお肌のつっぱりに悩んでいらっしゃったお客様のお声でも、つっぱらないとか、いつも洗顔をした後に、化粧水をつけたい感覚になっていたのがなくなったというお声をいただいています。
乾燥によるニキビの方、大人ニキビの方にはオススメですか?
ニキビの原因、ニキビの症状自体が、人それぞれなので、簡単にイエスとは言えませんが、ニキビができている原因が、油分と水分のバランスの乱れによるといったお肌に対しては、オススメできます。
またそれは、どの肌質に対してもこの点では同じです。しかし、お肌に異常が感じられた場合は、医師にご相談ください。
脂が落ちるということですが、おでこがべたつくという方にはオススメできますか?
お肌に異常を感じた方以外には、おススメできます。
全ての脂が落ちるというわけではありませんが、おでこの余分な脂や汚れをすっきりと落とすことができます。

どろあわわで解決できる悩み

毛穴の悩みには、オススメですか?
毛穴汚れで悩んでいらっしゃる方には特におすすめです。
どろあわわの泥には、マリンシルトとベントナイトが入っています。
マリンシルトはマイナスイオンで、汚れはプラスイオンなので、汚れを磁石の力で引き合うようにして取り除くことができます。
ベントナイトは、スポイトで汚れを吸着するような感じで汚れを取ってくれます。
このダブルの力によって、汚れをきちんと取ってくれるというのが特徴です。
クスミの改善にはなりますか?
弾力のある泡でマッサージをするということ自体、お肌に負担をかけないので、
マッサージ効果もあり、お肌がクリアになったというお声もたくさんいただいています。
一番オススメしたいのは毛穴の汚れですか?
洗い落とすというのは、すべてのスキンケアの始まりなので、基本的には汚れを取りたいから洗顔を使うのは、ごく当たり前のことだと思います。
そこにプラスアルファ、スキンケアとしてどういうことが出来るのかというところなのですが、汚れを落とすところは、きちんと泥でやりますし、
豆乳発酵液やヒアルロン酸が入っているのできちんとうるおいを与えてあげることもできる洗顔料だと思っています。

泡にこだわった理由と苦労した点

泡にこだわられていますが、泡にこだわる理由は何ですか?
洗顔をする際に、泡がきちんと立っているとお肌に負担がかかりません。
だから、その泡の弾力をきちんと作ってあげることによって、とにかくお肌に負担をかけないできちんと洗顔することができます。
これが泡の弾力にこだわった一番の理由です。
泡の弾力を出すために、苦労された点はありますか?
気泡は細かければ細かいほど、濃密な泡になります。
また、気泡は荒ければ荒いほどすぐへたる泡になります。
どろあわわは、濃密泡を実現するために、マリンシルトという微粒子を使用しています。
この微粒子が非常に細かったため、機械の中に詰まってしまって故障するということがありました。  
生産のノウハウが出来上がるまでは、この点で非常に苦労しました。

どろあわわ

↑もちもちの泡が簡単に作れるのが魅力

どろあわわの使い方で注意しなければならないところ

どろあわわの使い方で注意しなければならない点はありますか?
必ず泡立て専用のネットを使用してください。
誰でも簡単にもっちりとした泡が作れるので、おすすめしています。
手で泡立てるのとネットで泡立てるのとを、比べてみたのですが、ネットでは20秒ですぐ泡立つところ、手では練状のものが残ってしまい、片寄りも出てしまうので、泡立ち具合にもムラが出来てしまうのです。
ではどろあわわを専用ネットで泡立てるときのコツってありますか?
泡を立てるときは水の量がポイントになってきます。水は思っているより少なめで大丈夫です!

どろあわわの泡の持続性について

ずっと泡が残っていますが?
持続性がありますよね。(実際に泡を立てながら)ひっくり返しても落ちてこないんです。
泡立てネットを使うと、すぐにもちもちの泡を作ることができますよ。

どろあわわを使うとどんな悩みの解決につながるか

どろあわわを使うことで、どんな悩みが解決できますか?
クスミ、脂性肌、乾燥肌といったお肌は、基本的には、外的要因・内的要因が相まって、リズムが崩れているのです。 
そのリズムが崩れた時に、皮脂に傾いてしまったり、乾燥になってしまったり、ターンオーバーがうまくいかなくなったりしてしまうのです。
そういったところを、正しい洗顔で、根本的に解決してあげることによって、様々な悩みを解消に導くことができるととらえています。
どろあわわを買われる方は、どんな悩みを解消しようと思って買われる方が多いですか?
毛穴の黒ずみ、毛穴の目立ちというところが悩みとしては多いです。
メイクの汚れや汗や皮脂という不要なものを、洗顔によってきちんと出して、つっぱらないという点でも、どろあわわはベストな洗顔料であると思っています。

効果を実感するために使ってもらいたい期間

最低これぐらい使わないと効果が実感できないという期間はどれぐらいですか?
お肌の代謝が進むごとに徐々お肌が理想へ近づいていくことがご実感いただけると思います。
最低〇日使えばOKという厳密に期限を区切るのは難しいですが、継続していくことでお肌本来の力を取り戻していくはずです。
できる限り継続してお使いいただくためのサービスをご用意しております。
お客様の中には、一回使った時に、パッと顔色が明るくなったというお声もいただいております。

ユーザー層

どろあわわを使われているユーザー層は?
全部の客層を年齢別に見てみると、全世代まんべんなく使っていただいているという形になっています。
与えるケアのものではなく、落とすものなので、世代差は多くないというところも特徴ではありますが、旦那様や彼氏、親子で一緒に使っているというお声をよく聞くので、広い世代で、男女問わず使用して頂いている状況です。
思いもよらなかったユーザーの声はありますか?
たくさん泡が立つので顔だけではなく、デコルテや背中にも、ぜひ使って頂きたいです。
また、耳の裏やヒジの黒ずみが気になるところにもぜひ使って頂ければと思います。

ユーザーの声

ユーザーの声で多いのはどんな声が多いですか?
・洗い上がりのパッと明るくなった。
・鼻がツルツルになった。
・今まで長く悩んでいた毛穴の黒ずみが解消されました。
というお声をたくさんオススメ頂いています。

クレームについて

クレームは、容器の要望が多いですか?
容器については、クレームというほどではないですけれど、改善要望は多いです。
今後もお客様からのありがたいご意見を真摯に受け止めて、より使い心地の良い容器の改良に努めてまいります。

使い方と使用のタイミング

使い方のタイミングですが、例えばメイクを落とした後、泡を立てるのには5分ぐらいかかるのですか?
慣れれてしまえば20秒~30秒くらいでしょうか?泡立てネットがあれば簡単に作れます。
使用するのは、メイク落としの後のタイミングが一番いいですか? 例えば、一回メイクを落として、化粧水を付けて、しばらくしてお風呂場で使うという形でも大丈夫ですか?
どちらでもいいと思います。帰ってすぐに、メイクを落として、スキンケアをしたいというのであれば、メイク落としの後にお使いいただければいいと思います。
お風呂場で至福の泡洗顔をしたいのであれば、お風呂に入っていただいてからでもいいです。お風呂は蒸気でお肌もやわらかくなっているので絶好の洗顔タイムですね。
泡を顔に置いておく時間は、長い方がいいですか?
基本的に、二つの泥がマイナスイオンを出してプラスの汚れを取ったり、スポイトのようにキュっと取ったりというような効果があるので、泡を顔の上に長く置かなくても、普通の洗顔で十分汚れは取れます。
逆にあまり長く置きすぎるということは、避けた方がいいと思います。

インタビューを終えて

どろあわわは毛穴で悩んでいる方にぜひ使っていただきたい商品であることがインタビューから伝わってきました。
泡を実際に作っているところを見ましたが、普通の洗顔料比べて泡のボリューム・もっちり感が全然違いましたね。
少量でもたくさん泡立つのでコスパも良さそうです。
商品のこだわりに関しては、ユーザーの意見をしっかりと汲み取っていらっしゃるところに好感が持てました。
幅広い世代に使われているどろあわわですが、今後も商品の改良が行われるようなので益々進化が楽しみな商品です。
原さん、藤牧さんありがとうございました!